小紅書(RED)とは?中国SNS実践報告🇨🇳

中国のインスタ?YouTube?Amazonみたいな存在?全面解説します!

小紅書(ショウホンシゥ)は2013年にリリースされ、動画と写真を通して、ライフスタイルや趣味を共有し、共感を持つユーザー同士が交流を深めるアプリです。関心を持つ分野に特化した仕組みになっており、各分野のスペシャリストや芸能人も多く利用しています。パソコン版がありません。携帯のアプリのみ利用できます。

投稿内容の解説

クオリティが高すぎる!動画編

ニコニコ動画の中国版(bilibili)も良い映像がたくさんありますが、bilibiliは1分間以上の動画をアップするように薦められています。小紅書の場合、5分以内の動画しか載せられないため、内容が凝縮された動画が多く、無駄のないように工夫されています。(ある程度フォロワーを持つと長い動画もアップできるようになります)。また、携帯でしか見れないことで2分を超えると飽きられやすい傾向があります。

TikTokみたいにすぐ流されることなく、情報の共有や有意義な情報を提供しているユーザーが多いため、調べたいものがある時に真っ先に小紅書で検索する若者が多いです。


写真+説明の文章編

動画の次に人気あるのは、写真+説明の投稿です。写真は上の方に一枚、もしくは数枚を載せて、タイトル、説明文とキーワードを文字を書く部分に加えます。写真をいくつか選んで、アプリ内で動画に編集することも可能です。この場合は、インスタグラムとほぼ変わらないでしょう。動画の自動作成もとても簡単なので、このアップの方法は最も多く使われています。

オンラインショップで買い物

この部分はまだノータッチですが、アプリの中でオンラインストアが設けられており、Amazonみたいに簡単に注文できるようになっています。人気インフルエンサーが企業と提携して商品を紹介することもたくさんあります。商品ばかり紹介していると、ユーザーからアンチを受けることもありますが、大体の場合は友好的なコメントがほとんどです。次回中国に帰る時に、実際に注文してみようと思います。

結論:イメージ的にYouTube+Instagram+Amazon 的な存在でした(笑)

ユーザーの特徴

ユーザー数
1ヶ月内のアクティブユーザーは1億人以上です。最新のユーザー数は公表されていないが、2019年までオフィシャルで公表されたのは2億以上となっています。現在は3億以上のユーザー数があると思われます。

ユーザーの年齢層と男女比率
ユーザーの72%は1990年以降生まれ、その中の50%は1995年以降生まれの年齢構成になっています。男女の比率は3:7程度で、女性のユーザーが大きな割合を占めています。一線都市と二線都市のユーザー数が多い。(2020年末の時点で)
周りを見ても親世代(50代〜)以上の人、小紅書の存在は知っているが実際に使っている人が少なく、高校生や大学生の利用率が高いと感じました。

註:中国では都市の経済状況によって、都市の経済活動や政治活動の重要度で5つのレベルに分けられています。最も影響力のある都市から一線→新一線→二線→三線という順番で分類されています。)
・一線都市:北京、天津、上海、广州、深圳
・新一線都市:重慶、西安、南京、武漢、成都、瀋陽、杭州、大連、青島など
・二線都市:昆明、厦门、合肥、佛山など

私のフォロワーは女性79%、男性21%、最も多い年齢層は25歳〜35歳です。都市に分散すると以下の順番になります。(2021年6月11日現時点)
1) 一線都市45%
2) 中国以外22%
3) 二線都市10%
4) 新一線都市9%
始めてまだ1ヶ月しか経ってないので、出身地の上海と現在地の日本からのフォロワーがメインになっているかもしれません。今後はどのように変化するか興味深いところです。

開設して思ったこと

動画や写真が溢れるネット世界、オリジナリティがますます重視されるようになりました。人気ユーザーの投稿を見ると、内容が本当によく考えられていて、知識や役に立つ情報ばかりです。

中国語がメインというハードルもあり、中国語ができないとなかなか使いにくいアプリではありますが、ユーザー数やクオリティの高さを考えると挑戦してみても良いSNSの一つです。中国の進出を考えている方はぜひ使ってみてください。

今のところ、見かけた日本人の人気ユーザーは、日本語のレッスン、日本人の恋愛観や対人関係の特徴について投稿している方が多いです。また、在日の人気中国人インフルエンサーは、留学、不動産事情、グルメ、旅行、化粧品のテーマが注目されやすいです。

私は音楽、ピアノの練習方法、グルメに関する内容を投稿しています。投稿内容によって、反応が全く違うので、次回の記事で詳しく説明していきたいと思います。ちなみに、今ハマっているのは宅トレの動画です。毎日ボディメイクの動画を見ながら、家でトレーニングしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考サイト:https://www.xiaohongshu.com

投稿者: xucream

音楽やエンターテイメントを通して、中国の「今」、「文化」を伝えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。